0x19fの日報

なるべく毎日書きます

Code Thanks Festival 2017 参加記

Code Thanks Festival 2017に参加してきました

12/2(土)に行われたCode Thanks Festival 2017に参加してきました. 運良く予選で良いパフォーマンスを出すことができて, 参加権を勝ち取ったという感じです.

www.recruit-jinji.jp

会場到着まで

起きると脳が直感的に開始時刻に間に合わないことを理解した. 開始時刻が11:25なのに対して僕が起きた時刻が10:30, 会場のお台場まで1時間はかかるのでどう考えても間に合わない. とにかく家を飛び出した. 久しぶりのゆりかもめに揺られながら会場への到着を待つ.

結局なんとかコンテスト開始前には会場にたどり着くことができ, ほっと胸を撫でおろす.

コンテスト

コンテストは100 - 200 - 300 - 300 - 400 - 500 - 600 - 600の計8問. 1800点以上だとパーカーがもらえるとのことなので1800点を目標に頑張ろうという気持ちになる.

コンテスト開始と同時にA, B, Cと順調にACしていく. D問題には少し苦戦した, 制約を見るにgcdなんだろうなぁと思うのだがどうすればいいのかわからない. いろいろと悩むが, 高校数学で教わった1次不定方程式を思い出しAC. あと2問でパーカーだ.

しかし, ものごとはそう順調には進まない. E問題がインタラクティブ形式, 問題を見てすぐに13の累乗をクエリとして出力すればいいと思った. しかし, これが罠だった. よくよく考えると134は10000を超えてしまうのだ. 頭のついていない僕はこのことに気づくのに30分を要した. 問題を読み始めてから1時間ほど経つが一向に糸口がつかめない. 焦りばかりが募っていく. 落ち着け, まだ問題は他にもあるんだ, そう自分自身に言い聞かせた.

心を切り替えてF問題を読んでいく. 制約が小さければ, 単純なDPだ. しかし, 制約が大きい. 代わりに和が一定で抑えられるという謎の条件が付け加えられている. 瞬間的に頭にルートという言葉が浮かんできた. そうだ, 何かがルートで抑えられるに違いない. 大量のWAを出しながら, 一歩ずつ答えに近づいていく. 残り40分というところでついにFを通した.

ここで, 苦戦していたEに戻る. これを通せばパーカーだ, 何としても通したい. なんらかの方法でクエリからコインの重さが復元可能なのであれば, 和と5種類のコインの重さの組は1対1に対応するはずだ. そう思い手当たり次第にいろいろな枚数の組み合わせで, このような条件を満たすものを探し始めた. すると5の累乗であればこの条件を満たすことを発見した. 残り20分, まだ焦る時間じゃない. そう言い聞かせながら, 不恰好なプログラムを書いていく. クエリの応答からコインの重さを逆引きするテーブルを作りそれを参照する作戦だ. 一心不乱にコピペを駆使してプログラムを書き上げ, 提出した. 結果は......AC. 残り時間は10分だった.

結果は参加者100人中の54位. なによりも1800点を達成できたことが嬉しかった.

表彰 and 解説

大学の先輩であらせられるtossyさんが1位だったり, imulanさんが3位だったりして, やはり目指すべきはあそこなんだなぁと思った. ふーらくたるさんが折角の5位なのにマイクが入っておらずコメントが全く聞き取れなくておもしろかった.

あと, chokudaiさんはファッション英語勢なのかと思っていたけれど, 本当に英語苦手みたいだった.

懇親会

TLのみなさんにこんにちは. 名前入りの名札を見て「あの赤いCの人」とわかってもらえるのは非常に便利なので, みなさんも実名Twitterしていきませう. 懇親会の間にtreeoneさんの通知が400件溜まっていたらしく, 本当におもしろい.

解散の後も参加者の方々とボーリングしたりカラオケしたりしてきました. いやー, 非常に楽しかったですねぇ.